日本随一の断崖絶壁である東尋坊の楽しみ方3選

高さ25mの断崖絶壁はスリル満点

福井県の有名観光スポットである東尋坊。東尋坊の崖には柵が一切ないため、崖っぷちまで歩いていくことが可能です。一番の見どころは最大の高さを誇る大池です。高さ約25mの崖はビルの8〜9階に相当し、崖の上から見下ろすと思わず足がすくんでしまいそうです。もちろん落ちないように、足元には十分注意しなければなりません。ビーチサンダルやヒールは避けて、歩きやすい靴を選ぶことをおすすめします。もし時間があれば海岸沿いに延びている遊歩道を歩いてみましょう。そこには三国ゆかりの文人たちの碑が並んでいます。

空から東尋坊の景色を楽しもう

東尋坊は陸以外からも楽しむこともできます。何故なら、東尋坊には周辺を360度見渡せるタワーがあるからです。レトロな見た目が特徴的なこのタワーは海抜100mの場所に建っています。辺り一帯の地形が分かる壮大な景色は、地図を見ているような感覚になります。もし天気が良ければ、越前海岸や白山連峰が見えることがあります。タワー内にあるお土産屋さんやレストランにも立ち寄ってみましょう。

海から東尋坊の景色を楽しもう

東尋坊にはガイド付きの遊覧船が運行しています。ユーモアたっぷりのガイドを聞きながら、約30分の崖クルーズを楽しむことができます。陸からでは見ることができない、荒々しい岩肌を眺めることができます。また崖の中にはハチの巣岩など、ユニークな名前がついているものもあります。ハチの巣岩という名前は、日本海の荒波によってハチの巣のようにボコボコに削られたことに由来します。

フラマイレーツとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です